京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  骨粗鬆症の予防&骨強化に大切な栄養
2017/11/21| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

骨粗鬆症の予防&骨強化に大切な栄養

キーワード: 栄養,分子整合栄養医学

御幸町カイロの来院される方で骨粗鬆症といわれましたと相談を受けることがあります。骨格は成長期の20歳前後に骨量と骨密度がピークにになります。


この骨の強さは日常で摂っている栄養の量と質に比例して決まります。骨の成分は主にカルシウムとⅠ型コラーゲン(タンパク+ヘム鉄+VC)になりカルシウムは骨の強度を増すだけでなく、神経の伝達物質としても働くので、不足するとイライラ寝れない、高血圧、足がつる、骨粗鬆症、骨折しやすい、糖尿病、動脈硬化、心疾患、成長障害などにも関係します。

 

この、カルシウムの吸収を高め、骨の新陳代謝を活性化するのがビタミンDになります。このビタミンDは食物では干ししいたけ、魚類などに多く含まれます。そして日常では、日光に当たることで体内でコレステロールから合成されます。

夏:6~10分、冬:15~30分

ビタミンDは肝臓と腎臓で酵素の働きを受け、活性型ビタミンDに変化し体内のカルシウムの動きを調節するホルモンとして働きをします。ビタミンD不足は、大腿骨脛部骨折(間接的に影響)、筋力低下や足の痛み、筋力の衰えなどの身体機能の低下にも関係しています。

 

そして、カルシウムのブラザーミネラルといわれるマグネシウムもカルシウムと共に働くのでカルシウムとマグネシウムは、1対1の摂取量が基本とされています。このマグネシウムが不足しても色々な症状が現れてきます。

 

なので、体内のミネラルが足りているかどうか?をチェックするには血液検査で、Na, K, Cl, Ca, Mg, ALPなどを検査することでこのミネラルのバランスを読み取ることができ、骨や筋肉の状態なども理解することができるので色々と体調不良を起こすような方は詳細な血液検査でミネラルをチェックして栄養面の対策を考えることもおすすめです。

 

御幸町カイロでは病院と連携し色々な方向から身体をチェック出来るので気になることがあれば気軽にお声がけください。

 

—————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都で分子整合栄養医学の栄養療法を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にし栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
—————————————————–
京都 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667
http://www.gokomachi.com/
—————————————————–

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる