京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  腰のだるさや痛みの原因 早めの判断が大切です
2018/05/07| カテゴリ:スタッフ 平松より,分子整合栄養医学,貧血,腰痛

腰のだるさや痛みの原因 早めの判断が大切です

キーワード: 栄養,貧血,分子栄養学,ストレス,腰痛,便秘,ストレートネック,ヘルニア

初めて来られる患者さんの中でも一番多い症状は「腰の痛み」です。数日で緩和される方もいれば何年間も痛みから解放されないという方もいて、個人差が大きいのが特徴です。

 

 

また腰の痛みの原因は自身では判別しにくく、「炎症を抑える」「痛みの程度を和らげる」などの対処療法しか行っていない人が多いのも、腰痛をくり返す原因になります。

 

• 一時的には良くなってもすぐに痛みが戻る

• 断続的に繰り返す痛みで日常生活が不安になる

• 原因を知りたくてもわからないと言われてしまう

 

原因1. 姿勢

腰は姿勢によって重力や身体の重さの負荷がかかりやすく、疲れやすいです。次に当てはまるような立ち姿勢・座り姿勢を取っていませんか?

 

•反り腰

一見、姿勢が良さそうに見える。出尻で胸を張り過ぎている

 

•休めの立ち姿勢

片足立ち。で左右どちらかの骨盤が高くなる

 

•猫背

パソコンやスマホの使用時になりがち。ストレートネック

 

•腰を丸めている

尾骨が椅子や床に密着している。腰は逆S字カーブ

 

 

 

女性に多いのは「反り腰」と「腰を丸める」姿勢です。反り腰は腰椎に大きな負担をかけ、骨と骨の隙間を圧迫している状態になり、この姿勢がクセになっていると腰痛を起こします。

 

尾骨が椅子の座面にくっついてしまうほど腰を丸めた姿勢で座ることも、お腹側から腰椎に重力をかけ続けることになるため負荷が大きく、立ち上がった時に腰や膝に痛みが生じやすくなります。

 

原因2.  怪我の後遺症

姿勢だけではなく、怪我の後遺症でも起こり得ます。骨折、捻挫、打撲など強い衝撃が骨や腱を直接襲った場合、そのダメージを修復しようとし周囲の組織が硬化します。

 

怪我の炎症が収まってもしばらくの間硬化は続きますので、この時に適切な治療やリハビリを行わなかった場合、硬化した組織の影響が周囲に広がり、歪みとして残ってしまうことがあります。

 

原因3.  筋力低下 、筋肉疲労

(運動不足、もしくは過度な運動を行った人)

普段あまり運動をしない人や病中病後の方など、腹筋や背筋が細くなってしまっている場合、腰椎や骨盤を支える筋力が落ちるために体や内臓を支えられず、長時間同じ姿勢を保てないような腰痛を起こします。

 

もしくは、過度な運動を行った人、きついマッサージを受けた人など、筋肉疲労がある時にも同様に腰痛を起こすことがあります。

 

どちらも、筋肉の質を向上させないと同じような痛みを何度も繰り返すことがあり、治りにくい腰痛のひとつとして注意が必要です。

 

原因4 .老化

骨や血管、神経などの細胞は生きていますので、老化が進めば自然と衰えが出てきます。この老化が急速に進むと痛みとして現れることがあります。

 

 • しびれを伴う腰痛

•  筋肉の痙攣を伴う腰痛

 

老化が急速に進む場合にはいくつかの要因がありますが、最も多いのは不規則な生活習慣です。睡眠不足、栄養不良、ストレスなどにより活性酸素が急増し、この活性酸素が体中のみずみずしい細胞を攻撃し劣化させます。

 

不規則な生活はこうした細胞老化を助長してしまいます。

•忙しくて休息を取れない

•食事時間が不規則、栄養が不足している

•飲酒・喫煙をする

•ストレスが持続する

 

こうした「活性酸素が増えやすい状況」が長く続けば、その分だけ体の細胞の老化現象が進むリスクは高くなります。さらに、閉経後の女性は骨組織がもろくなる”骨粗鬆症”を発症するリスクが高くなります。

 

原因5. 内臓疾患

「腰痛」と聞くとどうしても「外傷的要因」を考えがちですが、内科的要因でも腰痛は起こります。

 

•便秘

•慢性胃炎

•腎炎・腎盂炎

•肝炎

•子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣嚢腫・卵巣炎

•貧血

•尿道結石

•大動脈解離など急性症状

•リウマチ

•膠原病

 

内科的疾患の場合、適切な治療をしなければ痛みは止まりません。放置することで危険な状態へと進行してしまうものもあります。身体の組織を作り替える栄養を摂ることや、必要であれば病院での治療を行うことも大切です。

 

自己判断せず、何が原因か、どのくらい進行しているのか、どのような処置をすれば良いのかなど、適切な判断が必要です。

 

きつくなってからでは、組織の損傷も進み治療期間も長くなります。腰痛はしばらく様子を見るという人も多いですが、まずは専門家にご相談下さい。

 

—————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子整合栄養医学の栄養療法を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にして栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
—————————————————–
京都整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667
http://www.gokomachi.com/
—————————————————–

 

====5/26の分子栄養学勉強会ご案内====

今からの体調管理が夏の暑さに負けない身体を造っていきます。その体調管理の基本になるのが胃腸の働きです。食べ物を口で噛んで胃で分解し腸から吸収、不要なものを排泄するこの基本の働きが、体調と比例してきます。5/26の勉強会では、体調管理の要になる消化と吸収をテーマにしていますので興味のある方はご参加ください。

 

5/26分子整合栄養医学勉強会 体調管理のかなめ「消化と吸収」はこちら

 

御幸町カイロLINE@登録もよろしくお願いします。

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

 

 

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる