京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  Q&A 身体の水分を簡単にチェックするには?
2018/07/03| カテゴリ:Q&A,院長 小松原より

Q&A 身体の水分を簡単にチェックするには?

キーワード: 分子整合栄養医学,分子栄養学,頭痛

 

Q 脱水、熱中症を起こさないように日常でどうすればいいですか?という質問を受けます。

A 水分補給をしっかり意識すること、自分の状態を簡単にチェックすることが大切です


熱中症や脱水症状は進行するまで、目立った症状が出にくいのが特徴で脱水になりかけているのに、本人や周りの人が気付かずに予防が出来ていない状態を「かくれ脱水」といいます。



脱水は、炎天下の野外で激しい運動や労働をしたときだけに起こるというイメー ジがありますがそれだけではありません。脱水は色々な状況で起こり、なかでも注意したいのは、運動以外に室内や車内、 寝ている時などに起こるかくれ脱水です。 


 かくれ脱水は、脱水に気づかないままに放置されることが多く症状を感じて病院にかかったときは、脱水を起こしてから数日たって脱水症状がきつい人もあり命の危険をともなうこともあるので早めに予防と対策を考えることが大切です。


==脱水になると起こる症状==

 ・口の中が乾燥する

 ・舌の赤身が強い

 ・舌の表面に亀裂がある

 ・舌が白いものに覆われている

 ・皮膚に張りがない

 ・おでこがくぼむ(赤ちゃん)

 ・手足が冷たくなる 

 ・血圧が低い(普段は正常)

 ・脈拍が速い(普段は正常)

 ・体重が減っている 

 ・食欲が落ちている 

 ・微熱が続く

などの症状があるので当てはまるときは注意してくださいね。


==かんたんに脱水をチェックする方法==

  【毛細血管再充満時間】

 簡単な脱水チェックの方法に毛細血管再充満時間という方法があります。毛細血管 再充満時間は、爪を白くなるまで指圧して放し、その色の戻り具合で評価する方法です。 正常な場合は2秒以内に元の色に戻り、それ以上の時間がかかる場合は脱水症状や心拍出量(血液を動脈へ拍出する量)の低下による血管収縮が考えられます。



戻るのに2秒以上かかる場合は水と経口補水液を常温でこまめに摂取しながらタンパク質やビタミンミネラルの多い食事を意識してください。 水分摂取は常温で水、お茶を喉の渇きを感じる前にちょこちょこ飲むようにして、冷たい飲み物で一気に量を取らないのが夏の水分補給のポイントです。 身体に違和感や症状があり不安なときは念のため病院で診察を受けることも大切です。  


御幸町カイロLINE@登録もよろしくお願いします。

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる