京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  夏バテを起こさない6つのポイント!
2018/08/11| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学,貧血,血糖,頭痛

夏バテを起こさない6つのポイント!

キーワード: 栄養,分子栄養学,低血糖,頭痛,ストレス,冷え,勉強会

夏バテは8月下旬~9月に感じることが多いですが今年は猛暑が続きもう夏バテの症状を感じている人が多くなってきています。夏バテにならないためには今の時期の体調管理が大切です。 


慢性的な睡眠不足や疲労、そしてストレスの溜め過ぎは体調を崩す原因になり、そこに、暑さや湿度などの負担が重なることで疲労の回復が遅くなり、だるさ、疲労感、無気力、イライラ、肩こり、頭痛、腰痛など様々な症状に繫がってしまいます。

 

例えば睡眠不足があると体の中で疲労物質が分解&代謝出来ずに体内に残ったままになり、普段でも疲労感を感じているところに暑さ 湿度が加わると寝苦しく、睡眠が浅くなり自律神経のバランスが崩れ疲労回復が出来なくなりじわじわと不調を感じるようになります。


体が疲労回復する時間は睡眠時の成長ホルモンの分泌が活発な時間帯になります。この時間に睡眠が取れないと…


・朝起きれない

・朝起きたときからだるい

・だるさ

・疲労感

・日中しんどい

・ぼーっとする

・憂鬱感

などを感じてしまいます。


===夏バテをおこさないポイント=== 

1 睡眠時間をしっかり確保

睡眠は肉体&精神疲労を回復し脳をリセット


2 早寝、早起きを意識

自律神経や体内時計のリセット、疲労回復


3 甘いものを過剰に摂取しない

無意識で糖質を過剰に摂取していることが多く冷えや低血糖など原因になるので注意


4 タンパク質を中心とした食事

身体と精神の構成の基本になり、タンパク質が摂取出来ると精神&体調が安定


5 週1~2回のウォーキングや運動

有酸素運動で脂肪を効率よく燃焼し程よい刺激が身体と脳を活性化さ(暑い時間は避ける)


6 体の歪みの調整

関節や筋肉がスムーズに働き自律神経の働きも整い体の機能が発揮できる



夏バテや体調不良の症状を感じるときはそのきっかけになっているのは、それ以前の負担や疲労、生活習慣の乱れになります。暑さをのりきる為にもぜひ、今の生活習慣を見直してみてください。  

体調不良でお困りのことがご相談ください。


御幸町カイロLINE@登録もよろしくお願いします。

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


---------------------------------------

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子栄養学を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
---------------------------------------
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

---------------------------------------

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる