京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  Q&A 側弯症があるから腰痛なる?ならない?
2018/08/17| カテゴリ:Q&A,院長 小松原より,腰痛,施術例・体験談

Q&A 側弯症があるから腰痛なる?ならない?

キーワード: 腰痛,Q&A,骨
御幸町カイロプラクティックで相談を受けた腰痛と脊柱側弯20代女性の方です。 症状は右肩甲骨内側〜背中ハリ感と腰痛で子供のころから側弯があり定期的に病院での検査を受けていましたが、高校生くらいから背中に違和感を感じ、社会人になってから腰痛も感じるようになってきました。

病院では、側弯の影響で痛みがでていると説明があり負担をかけないようにして様子をみましょうということでしたが、仕事が忙しくなり、中腰の姿勢も多く腰痛がきつくなってきたので相談を受けました。側弯で痛みがあるようにみえますが、側弯で痛みを感じてるので無く身体への負担が多くなることで歪みがきつくなり背中のハリ感や腰痛を感じています。



成長の止まった大人の側弯は痛みや症状の原因になることはほとんど無く、多くの場合は身体に大きな負担がかかることで歪みがきつくなり腰痛や背中の痛みを感じます。側弯の無い人に比べると負担がかかると歪みやすいですが、定期的な調整をしながら日常生活の基本になる睡眠と栄養、運動をリズムよく意識できれば側弯があっても問題なく過ごせることが多いです。



調整としては、全体の捻れと歪みを改善し動きの悪くなっている肋骨(胸郭全体)のバランスを整え、腰椎の関節の動きをスムーズに動くように戻し内臓の働き自律神経の調整ををします。 初めは1週間くらいで歪みが戻ってきますが、 定期的に調整をすること背中の痛み、腰痛も無く日常を過ごしています。ご自身でもストレッチやウォーキングをして早寝早起き食事を意識しています。

 

側弯があっても身体はそれに合わせてバランスをとるので大人になってからのコリや痛み・しびれなどの症状は側弯が原因になることは少ないと考えれます。


側弯で気をつけたいのは成長期の子供さんです。

脊柱を正面から見ると、左右に曲がっている状態を脊柱側弯症といいます。弯曲の大きさは、上下で傾いている背骨どうしのコブ角という角度 で判断され、この角度が10°以上であるものが側弯症とされます。



側弯症で手術が必要と判断されるコブ角は40°〜50°以上ですが、痛みなどの症状を出すことはまれです。しかし、成長期の骨が形成されていく時期に歪みや偏った姿勢、筋力低下などがあり放置して成長期に進行すると、健康に直接影響を及ぼすような障害を引き起こすこともあるので病院との連携をとりながら成長段階で身体のバランスを調整をすることは有効な手段になります。


御幸町カイロLINE@登録もよろしくお願いします。 

 line://ti/p/@jwv1396g

 ID検索→@jwv1369g


---------------------------------------

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子栄養学を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
---------------------------------------
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

---------------------------------------

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる