京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  台風シーズンの気圧や気温、湿度の変化で起こるギックリ腰に注意
2018/09/08| カテゴリ:院長 小松原より,腰痛

台風シーズンの気圧や気温、湿度の変化で起こるギックリ腰に注意

キーワード: 腰痛,ヘルニア
9月〜10月は台風が多く気圧や気温、湿度の変化が大きい時期です。そんな時期に気をつけたいのがギックリ腰です。ギックリ腰は急性腰痛症という症状名があり、荷物を持ったとき、朝顔を洗うとき、靴下を履くとき、くしゃみ をしたときなどの何気ない日常の動作で急にグキッと腰に激痛を感じます。


ギックリ腰の痛みは軽いものから立てなくなるものまで様々ですが、このギックリ腰の痛みは急に感じますが原因はそれ以前からはじまっていることがほとんどでこんなことを感じている人が多にです。

・なんか、体が重い
・寝不足
・仕事が忙しい
・長時間座っている
・腰がいつもだるい
・お腹がはる
・運動不足
・ストレスが多い
・腰を捻る動きが多い
・荷物を持ち運びが多い
・中腰での作業が多い
・暴飲暴食


など体に負担をかけ続け、ある時の何気ない動作が引き金になってギックリ腰をおこします。ほとんどの場合は骨盤の体重を支える仙腸関節に負担がかかり炎症が起き痛みを感じますが、立てなくなるようなギックリ腰は仙腸関節が剥離(剥がれる)を起こしていることが多いです。

ギックリ腰を予防するには
普段から歪みを整えること、そして生活習慣での睡眠・食事・運動・ストレス発散、規則正しい生活リズムをつくることが大切です。時々リズムが崩れるのは問題ありません。

ギックリ腰になってしまったら…
痛みがきつく動けない場合は安静にしてアイシングをし、少し動けるようになれば信頼できるカイロや整体、針灸で施術を受ければ数回で軽減し回復してきます。同じギッ クリ腰でも繰り返している人は施術をしっ かり受けて根本的に解決できるようにして いくことが大切です。




そして、中には内臓などの病気や症状が原因のこともあるので冷汗や楽になる姿勢が無い、施術を受けても全く変化無くきつい痛みが続くなどのときは念のために病院での診察も受けて異常の有無を確認することが大切です。そして、異常が無いことが確認出来ればカイロや整体、針灸などの施術で調整をすれば 改善されてきます。 

普段から腰痛持ちの方やギックリ腰を繰り返して痛みが残っている方はいつでのご相談ください。

御幸町カイロLINE@登録もよろしくお願いします。

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる