京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  Q&A鉄が不足して起こる症状知っていますか?
2018/10/15| カテゴリ:Q&A,院長 小松原より,分子整合栄養医学,貧血

Q&A鉄が不足して起こる症状知っていますか?

キーワード: 栄養,分子整合栄養医学,貧血,頭痛,ストレス,冷え,便秘,感染症,Q&A

鉄の体内の総鉄量は4000mgといわれ赤血球のヘモグロビンに70%、筋肉や皮膚の組織に5%、肝臓や秘蔵の貯蔵に25%になり、この体内の鉄が不足すると色々なトラブルが起 こります。


鉄が不足して起こる症状例

・めまい

・すぐに疲れる

・肩がこる

・手足が冷える

・風邪をひきやすい

・階段を上ると動悸がする

・集中力の低下

・憂うつになる

・漠然とした不安を感じる

・イライラする、キレやすい

・食欲が低下する

・のどにつまる感じがある

・氷を食べたくなる

・アザができやすい

・髪がパサパサ&抜けやすい

・脚がむずむずする

・眠つきが悪い

・脚がつりやすい

・爪が柔らかく割れやすい

などこのような鉄不足の症状は、鉄の需要と供給のバランスが崩れることでおこります。貯蔵鉄(フェリチン)がある程度残っているうちは症状がきつくなることは少ないですが、貯蔵鉄(フェリチン)が少なくなると症状がきつく感じるようになり身体の機能を十分に働かすことが出来なくなります。



鉄不足の症状を感じたら、提携医療機関で一度詳しい血液検査を受けて医師や栄養士のチェックを受け自分の身体の状態を把握し食事で改善出来るレベルなのかどうなのかをチェックして鉄や必要な栄養を補給することで元気に活き活きとした毎日を過ごすことができるので気になる方はご相談ください。


御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる