京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  朝食を食べないのは体重増加に?
2018/11/12| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

朝食を食べないのは体重増加に?

キーワード: 栄養,貧血,冷え,便秘
朝食を食べないと体重が増えるメカニズムが名古屋大学の研究グループから発表されました。厚生労働省の朝食の欠損率というデータから男女とも20~40代が朝食を摂らない人が多く20代の一人暮らしでの朝食の欠食率は、男性で約70%、女性で約30%となっています。 

 

朝食を食べないことを身体の働きから考えると良くないことが多く、朝食抜くことで、肥満やメタボ、糖尿病、便秘などのリスクが高くなることは今までもいわれてきました。




今回の研究では、ラットに同じカロリーの朝から高脂肪食を摂取するグループ、4時間遅らせてから摂取するグループで比較し、4時間遅らせてから摂取するグループに体重の増加がみられたという実験です。この原因が、肝臓の時計遺伝子、脂質代謝、体温のリズムなどに異常を起こすことを、名古屋大学大学院生命農学研究科の研究グループが発見し米国の科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されています。


腸は蠕動運動という食べた物を胃から小腸大腸へと送リ出す運動があり、その運動の中でも大腸で大蠕動という動きが1日に1〜3回ほど起こります。胃に食べ物が入ることで、胃から大腸に信号を送り、大腸が反応して、消化物を外に排出しようと胃結腸反射が起こります。この働きは胃が空っぽで大腸の運動が少ない朝にとくに活発になり、食べ物がお腹に入ってくると強い刺激となり大腸に信号が送られ胃腸を活発に動かし消化吸収、排便を促すという仕組みです。
なので朝食はエネルギー補給、体温向上、自律神経のスイッチオンなど一日の身体の働きをスタートするためにとても大切な役割をしています。ついつい時間が無かったり、食欲がなかったりで朝食を食べてない人はひと口ふた口でも食べるところからはじめてみてください。また、朝食で食べる内容も大切になります。

朝食を食べないと体重が増えるだけでは無く、胃腸の働きが崩れ便秘や下痢などが慢性化すると病気のリスクも高くなってくるので今から意識して行くことが大切です。 朝食をしっかり食べていても便秘や胃腸の調子に不安のある方は色々な施術での自律神経、胃腸の調整、栄養面、生活リズムなど色々と改善方法があるのでご相談ください。 

症状改善の一歩に「初めて体験」

「はじめて体験」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?自分に合っているか?症状改善として続けていけそうか?など一度、受けてみたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————


閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる