京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  寒さで起こる緊張性頭痛や片頭痛に注意
2018/12/24| カテゴリ:院長 小松原より,頭痛,頚椎(首)

寒さで起こる緊張性頭痛や片頭痛に注意

キーワード: 貧血,低血糖,頭痛,ストレートネック,首肩
寒くなると、暖房の設定温度も高くなり、屋外と室内の温度差が大きくなります。温度差が大きくなり急な温度変化に体が適応できないと頭痛が起きやすくなります。


とくに温度差が引き金になって起こりやすい頭痛は緊張性頭痛と片頭痛です。

冬の緊張性頭痛は暖かい場所から寒い場所に移動したときに寒さで急に血管が縮み、血流が悪くなると首肩の筋肉の緊張などで後頭部から首筋にかけて痛くなることが多く頭をぎゅーと締め付けられような圧迫感を感じる頭痛が起こります。

そして冬の片頭痛は、寒い場所から暖かい場所へ移動したり、お風呂に入ったときに血管が広がり血流が一時的に多くなり三叉神経を刺激してズキンズキン、ガンガンと脈打つような痛みを感じ頭や首を動かすとさらに痛みをきつく感じるのが片頭痛です。


緊張性頭痛は血流が悪くなり起こるので温める、片頭痛は血流が過剰になるので冷やすのが応急処置になります。

緊張性頭痛や片頭痛を起こさないために大切なことは、緊張性頭痛や片頭痛を感じる前に予防することです。外出時は、マフラーや帽子、手袋などで、頭や首を手を冷えないようにしたり部屋の暖房を20〜25度くらいにして外気との温度差が大きくならないようにしてください。

そして、色々対策をしても緊張性頭痛や片頭痛を感じることがあればストレートネックや身体の歪みが原因になり温度差が引き金になっていることが多いので首と体の歪みを整えて自律神経のバランスを調整することが改善の近道になります。

これからの時期は緊張性頭痛や片頭痛を感じる人が多くなるので気をつけてください。緊張性頭痛や片頭痛が気になる方は気がるにご相談ください。

2019/1/20(日)分子栄養学勉強会「ゼロから学ぶはじめての分子栄養学」
ゼロからはじめるはじめての分子栄養学
・分子栄養学とは
・栄養と体調の関係 
・栄養不足で起こる病気や症状など

症状改善の一歩に「初めて体験」

「はじめて体験」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?自分に合っているか?症状改善として続けていけそうか?など一度、受けてみたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————


閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる