京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  身体の基礎を作るタンパク質
2019/02/14| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学勉強会,分子整合栄養医学

身体の基礎を作るタンパク質

キーワード: 栄養,貧血,分子栄養学,低血糖,頭痛,冷え
人間の体は60兆の細胞からでき(37兆という説もあります)その60兆の細胞を作っている主になる栄養がタンパク質です。人間の体を作るタンパク質の種類は10万種類といわれ、この10万種類のタンパク質を普段食事で摂る動物性&植物性のタンパク質を消化してアミノ酸にして吸収し20種類のアミノ酸からビタミンやミネラルその他の栄養と共に身体をつくっています。



髪の毛、爪、皮膚、内臓、血液、骨や筋肉、酵素やホルモン、免疫など全ての材料になる大切なタンパク質が不足すると身体の機能は落ちて、精神的に波が出たり、皮膚のトラブルや疲労感、そして最後は病気になってしまいます。

タンパク質が不足しているからといって2〜3日食べると回復するものでは無く、半年や1年、症状や病気によっては5年10年と回復するのにかかってきます。

では、自分にはどれくらいのタンパク質や栄養が足りなくて何をどれくらい食べればいいのか?ということを見ていくには血液検査を基準にしていく方法が一番わかりやすく客観的に判断ができます。

例えば、血液検査で計る酵素にはアミノ酸とビタミンやミネラルが合成されたものが多く、コレステロールや中性脂肪はリポタンパク質といわれる脂を運ぶタンパク質によって運ばれたり、ヘム鉄とタンパク質でヘモグロビンが合成され赤血球になります。色々な数値の異常は病気の有無を見るだけではなく何から合成されているか?を考えると栄養状態がみえてきます。



色々な症状でお困りの方の相談を受ける機会が多くなり思うことは栄養の大切さでとくにタンパク質の大切さです。ぜひ、自分の身体は自分でしっかりと体調管理をできるように知識を増やしてください。

3/3(日)にタンパク質とアミノ酸をテーマに勉強会を開催します。なかなか、栄養と健康が繋がらない方が多いと思いますが、基本を勉強すると栄養の大切さと体調管理の方法がよくわかると思いますので体調に自信の無い方や家族や子供の健康を考えている方におすすめです。


====3/3 分子栄養学勉強会====
*ゼロから学ぶはじめての分子栄養学
*分子栄養学ミニ講座
体調管理や症状改善をしたい方におすすめです
御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる