京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  気温が下がる時期に体調を崩さないために
2019/10/17| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

気温が下がる時期に体調を崩さないために

キーワード: 貧血,分子栄養学,低血糖,頭痛,腰痛
台風が過ぎて、気温が下がり肌寒い日が出てきました。気温が下がった状態に自律神経と身体の感覚が追いつかずに体調を崩している人が目立っています。急に気温が下がる時期に体調を崩さず快適に過ごすためには・・・


===十分な睡眠そして睡眠時間帯===
睡眠不足や睡眠の乱れは身体に悪影響を与えます。睡眠不足は体を修復する十分な時間がとれなくなるので、朝起きたときから…しんどい、だるい、気力がないなどの色々なつらい症状を感じます。

遅寝遅起で睡眠時間帯が崩れると自律神経のバランスが崩れ、精神的肉体的に負担が多くなり、お昼まで寝て睡眠時間はとれても、起きてから何も出来ない、やる気が起こらない、頭痛がするといった症状が感じやすいです。

そこに、気温差があると体調不良を自分で呼び込んでしまうので普段から、6〜7時間程度の睡眠で早寝早起きを意識してください。



===全身が冷えないようにする===
体温が1度低下すると免疫力が30%下がるといわれています。体温が上がると血流もよくなり免疫力が高くなります。

血液は体を構成する60兆個の細胞に栄養と酸素を送り続け、その血液の中には、体の中の異物を監視する免疫機能を持った白血球も多く存在しています。

寒さで体温が下がると血流が悪くなり、免疫力も低下し、ウイルスや菌を発見しても、白血球の働きが落ちているので抵抗出来ずに感染しやすくなってしまいます。

日中は寒く感じると服やカイロで体温を維持出来ますが、寝ている時は体温低下に気がつきにくいので体温が下がらないように工夫が必要です。腹巻きや足元だけ電気毛布をつかったり、一枚多く着込んだりして体温調整を工夫してみてください。


===食事での栄養をしっかり摂取する===
日常で食べているものから身体が作られていますが、その中でもインフルエンザや風邪などの感染症に対抗するのが白血球などの免疫細胞です。

免疫細胞は、たんぱく質が主の材料で、VCによって活性され、ある一定の体温でさらに活発に働きます。体温の維持は体内で栄養を色々なものに合成する酵素反応の熱で体温維持をしているので、たんぱく質などの必要な栄養不足は体調に比例してきます。

===歪みを整えて自律神経を整える===
身体が歪むと脳から背骨を通る神経の流れを乱してしまいます。この歪みに日常での負担が多くなれば身体は正常に働くことが出来なくなり、胃腸や自律神経の働きが低下し色々な症状を感じます。

予防として整体やカイロ、鍼灸などで歪みや自律神経を整えたり、ストレッチや軽い運動をしてバランスを良い状態に保つこともが気温が下がる時期に体調を崩さないポイントになるので日常で少し実践して気温が下がる時期も楽しく過ごせるようにしてくださいね。


これから冬に向けて体調を崩さないようにこの4つを意識してください。

症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる