京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  アレルギーを栄養面から考えよう
2020/05/22| カテゴリ:院長 小松原より

アレルギーを栄養面から考えよう

キーワード: 分子栄養学
アレルギーとは、アレルギーを起こすアレルゲンに抗体が反応して体から追い出そうと過剰反応した状態です。

食物アレルギーでは通常は、胃腸でアミノ酸まで分解されてから吸収されるため、抗体が過剰に反応することはありませんが、胃腸でタンパク質を十分に分解できなかったり、腸が炎症を起こして腸の壁に隙間ができるリーキーガットがあると、未消化のタンパク質が血液に混じってしまうことで抗体が過剰に反応しアレルギー反応を起こしてしまいます。


本来の身体に害のある物質を取り除く抗体の反応が過剰になり気管支で過剰に反応がおこると気管支喘息、肌でおこるとアトピーなどの皮膚炎、粘膜でおこるとくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみになり、食物では蕁麻疹や湿疹がでる食物アレルギーとなります。

この色々なアレルギーに共通するのが異種タンパクといわれる人間の体に無いタンパク質です。本来異種タンパクは体内に吸収されることは無いですが、皮膚や粘膜のキメが粗いと間違って吸収されてしまい過剰反応を起こします。

分子栄養学から考えるとこの異種タンパクを体内に入らないように肌や粘膜をしっかり作りかえることが大切と考えて、必要な栄養をしっかり摂取して体内でコラーゲンを合成し皮膚や粘膜のキメを細かくして異種タンパクを吸収しない状態をつくると体内の免疫は反応する必要が無くなるのでアレルギー反応が徐々に無くなってきます。

皮膚や内臓、口腔などの粘膜はコラーゲン繊維が網目状になっているのでこれを合成するための栄養の有無を血液検査でチェックし不足している栄養の量と質を合わせしっかり摂ることが改善への近道になります。

アレルギー改善に取り組んでいる方やアレルギーの治療を受けている方にプラスの基本対策として皮膚や粘膜をしっかり合成できる栄養を強化していくこと改善にもつながるので気になる方は気軽にご相談ください。

また、提携病院での血液検査の他にもリーキガット検査、便中短鎖脂肪酸検査なども必要に応じてご紹介できます。


症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる