京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  早め早めの風邪&インフルエンザなどの感染症対策をしよう!
2021/10/10| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

早め早めの風邪&インフルエンザなどの感染症対策をしよう!

キーワード: 分子栄養学
京都市中京区で整体、カイロの施術で頭痛腰痛の改善と分子栄養学を医科歯科と提携し栄養療法を行っています。今回は早め早めの風邪&インフルエンザなどの感染症対策をしよう!をご紹介します。

朝晩の気温が下がりはじめる時期は体調管理に気をつけてください。 秋から冬に向けて多くなるのが感染症です。その中でも風邪は「風邪症候群」とよばれ、おもに鼻や喉の上部気管の炎症を起こし、熱 、せき、鼻水、鼻づまり、頭痛を引き起こしたり、きつい時は腹痛、下痢などの胃腸の炎症も起こすことがあります。

風邪は、数百種類のウィルス(原因の80~ 90%)と細菌(10~20%)の感染によって発病し感染から発症までの潜伏期間が1~3 日といわれています。原因が非常に多種のウイルスによるもので、さらにウイルスが変異を繰り返すため特効薬の開発が困難であるのも特徴です。


風邪をひいてつらい思いをする前に、今から体調管理をして風邪をひかない体づくりと予防の意識をもつことが大切です。予防を意識していても風邪をひくことはありますが予防を意識していると回復はかなり早いです。 

風邪ひきやすい人の特徴

・帰宅後のうがいや手洗いをしない
・疲れがたまっている
・睡眠不足
・偏食で食事内容が偏っている
・乾燥した室内で5時間以上過ごす
・自覚しているストレスが多い
・通勤で人ごみの中にいることが多い
・室内の換気をしない
・運動不足
・口で呼吸するくせがある
・鼻の粘膜やのどが渇く
・風邪をひく人が多い職場
など、10月の体調管理が冬場の体調に影響するので当てはまるものがあれば少しでも意識して改善できるようにしてくださいね。


また、冬に向けて体調を整えていきたいという方は分子栄養学勉強会もあるのでご参加ください。

 
10/23分子栄養学 オンライン勉強会  専門医からみた感染症と栄養の関係
テーマ:専門医からみた感染症と栄養の関係
日時:2020年10月23日(土)  18:30 ~
講師:医師 金子俊之先生

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる