京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  梅雨の時期から熱中症に気をつけよう!
2020/06/02| カテゴリ:院長 小松原より

梅雨の時期から熱中症に気をつけよう!

キーワード: 分子栄養学
熱中症は7〜8月がピークになりますが、暑い夏だけでなく、6月の梅雨の晴れた日や梅雨明けの急な気温上昇の時期にも熱中症になる人が多くなります。

梅雨の時期は、湿度が高いために汗をかいても蒸発せずに体温を下げることができなくなり、熱がこもり体内の水分やミネラルの代謝のバランスが崩れ、倦怠感やめまい、けいれんなどの熱中症の症状を起こしやすくなります。


熱中症が起こりやすい環境
・気温が高い
・湿度が高い
・風が弱い
・日差しが強い
・照り返しが強い
・急に暑くなった

熱中症の主な症状
・軽度の症状
 めまい、立ちくらみ、手足の痛み、大量の汗

・中度の症状
 頭痛、吐き気、力が入らない、ぼーっとする

・重度の症状
 呼びかけても反応がおかしい、痙攣、歩けない

熱中症の対処法
・涼しい場所で休む
・扇風機やうちわなどで仰ぐ
・衣服をゆるめる
・冷たいもので首、脇の下、鼠径部を冷やす
・塩分を含んだ水、スポーツドリンクを飲む


どうしたらいいか分からないときは119に連絡or病院にいくようにしてください。

水分補給を効率よくするには?
熱中症予防の水分補給では、汗とともに失われやすいナトリウム(塩分)の補給も一緒に考えることが大切です。塩と砂糖をひとつまみくらいを水に溶かすと熱中症予防の水分として補給がおすすめです。

少量の糖分は腸管内での水分の吸収促進に働きます。汗をかかないときでも一口二口をちょこちょこと水分補給するようにしてください。

熱中症予防には水分補給と、汗とともに失うナトリウムやカリウム、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルと代謝疲労回復の基本になるタンパク質ビタミンBを食事からも補給することが大切です。

また、外出の時はWBGTといわれる暑さ指数をネットで事前にチェックしておくこともおすすめです。



6月分子整合栄養学 WEB勉強会

6月よりオンラインによる「分子栄養学の勉強会」を開催することとなりました。貧血・低血糖・だるさ・疲労感・頭痛・肌トラブル・アトピー・動悸・息切れ・ふらつき・不安感・イライラ・不眠・鉄欠乏・高血糖・高血異常・原因不明の不定愁訴・朝が起きれない・日中の眠気がきつい・身長が伸びない・パフォーマンスが上がらないなど色々体調が気になる方におすすめです。

6/8分子栄養学 WEB勉強会 入門編はこちら

6/26分子栄養学 WEB勉強会 入門編 正しく貧血を理解しようはこちら

症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる