京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  寒いと関節の痛みや違和感をじやすくなります
2018/02/06| カテゴリ:スタッフ 平松より,分子整合栄養医学勉強会,分子整合栄養医学,貧血,腰痛,未分類

寒いと関節の痛みや違和感をじやすくなります

キーワード: 栄養,分子整合栄養医学,貧血,分子栄養学,分子整合栄養医学勉強会,冷え,勉強会,腰痛

2月になりましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。寒い時期は、関節の痛みもいっそう感じやすくなります。

 

朝起きた時や長時間同じ姿勢でいたあと、歩いたあとなどに、ひざやひじ、指など
の関節が動きにくかったり、腰に痛みを感じたことはないでしょうか。

 

 

気温が下がると血管の収縮が起こりやすく、血行が悪くなったり、酸素や栄養の循環も滞るため、老廃物が溜まりやすい状態になります。そのため筋肉が硬くなってさらに血行が悪くなり、ますます筋肉が硬直して、関節の痛み、四十肩、五十肩、リウマチ、痛風など症状がきつくなります。

 


 

寒い時期の冷えからくる関節の痛みは、こうした悪循環の繰り返しによって起きると考えられます。さらに、外に出ると、つい身体を丸めて姿勢が悪くなり、厚着もしがちでそれだけでも肩こりの原因になり、体を動かしにくく、血行不良が悪化します。

 

体を温めながら十分な睡眠と休息をとり、疲労をためない工夫が必要です。その一方で、ウォーキング、ストレッチ、ラジオ体操など適度な運動を取り入れて血行を停滞させないことも大切です。(ひざに痛みがある方の運動は当院までご相談下さい)

 

また、厚着だと体を動かしにくいため、薄くても保温性の高いインナーウェアを活用するなど、動きやすく温かい服装を心がけるとともに、身体を温める栄養を摂取することも大切です。食品では、普段からショウガやねぎ、にんにくなどがおすすめです。

 

また、冷えを感じやすい女性は貧血であることがほとんどで、たんぱく質と鉄だけでなく、慢性的な栄養欠損の状態です。男性の場合は、ストレスや身体を酷使することで失われがちなビタミンB郡が不足していることが多く、赤血球が大きくなって血管の抹消まで血液が行き渡らないことから起こる冷えが考えられます。

 

関節の痛みや違和感の治療と、身体の中から改善させていく栄養のアドバイスもさせて頂いています。お困りの方はお気軽にご連絡下さい。

 

分子栄養学の勉強会も企画しておりますので、こちらもご興味をお持ちの方はご参加下さい^^

 

2/17「栄養と体の関係」分子整合栄養医学入門編勉強会

—————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で分子整合栄養医学の栄養療法を中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にし栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
—————————————————–
京都整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667
http://www.gokomachi.com/
—————————————————–

閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる