京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  イライラ、不安、落ち込み、倦怠感は低血糖?「血糖とは…」 
2019/03/14| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学,血糖

イライラ、不安、落ち込み、倦怠感は低血糖?「血糖とは…」 

キーワード: 分子栄養学,低血糖,頭痛,冷え
御幸町カイロで体調に関して相談を受けることが多くなっているのが貧血と低血糖です。日常生活が出来ないほどではないが、体調が悪いのでなんとかしたいという人が多いです。

はじめに、血糖は血液中に流れている糖で細胞のエネルギー源になります。この血液中の糖の量を測定したのが血糖値になり、血糖値の正常な変動幅は、だいたい80~140mgdl(空腹〜食後)くらいの間といわれています。


血糖値は食事によって一定の幅で変動をしますが、正常な変動幅を超えて低いほうに下がり症状が現れた状態を低血糖症といいます。 逆に一定幅より上がると高血糖(糖尿病予備軍)になります。


正常な人でも絶食状態が続いたり、エネルギーが枯渇すると通常示さないような低い血糖値になり軽い症状を感じることもあり、血糖値が低い状態が長く続いたり、糖の過剰摂取や副腎疲労などがかさなると低血糖症状はきつくなってくることが多いです。


===血糖値が不安定になっていると===

・朝が起きれない、動けない
・朝より夜が元気になる
・甘い物、ジュースが習慣になっている
・炭水化物中心の食事が多い
・食後に強い眠気を感じる
・お菓子や菓子パンを食事にする
・間食にお菓子を食べる
・夕方に脱力感や背中の痛みを感じる
・手の震えが出ることがある
・集中力が落ちる
・イライラが多い
・不安感がきつい
・体重の増減が激しい
・体重が増えてきたorやせにくくなった
・頭痛、動悸、しびれ、震えなどが起こる
・安定・抗うつ薬を服用しても、症状の改善がないなど


心当たりのある人は栄養面も関係していることが多いので生活リズムと食事の見直しをして一度詳しい血液検査で栄養状態や低血糖、貧血の有無などをチェックして対策を考えることが大切です。

御幸町カイロは京都で唯一の病院と連携して栄養面の改善を行ない外からの体の機能を整える施術と中からの分子栄養学での改善を行う施術院になります。
症状改善の一歩に「初めて体験」

「はじめて体験」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?自分に合っているか?症状改善として続けていけそうか?など一度、受けてみたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————


閉じる

閉じる

メールでのお問い合わせアクセス・営業時間閉じる