京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  アトピー性皮膚炎と栄養の関係
2021/06/02| カテゴリ:院長 小松原より

アトピー性皮膚炎と栄養の関係

キーワード: 分子整合栄養医学 オーソモレキュラー
アトピー性皮膚炎は皮膚に強いかゆみ・紅斑・浸出液などを生じる皮膚疾患で、落ち着いたり、悪くなったりを繰り返す疾患です。アトピー体質の方に共通するのは「アレルギー体質と皮膚や腸のバリア機能が低下している」ということです。

多細胞生物である人間の皮膚は、角化細胞(ケラチノサイト)という多数の細胞の集まりになり、皮膚の基底層で常に作られ角化という成長・分化をしてレンガ状の構造を作っています。


このレンガ状構造の角化細胞同士を繋ぎ止め、潤いと保湿を与えてくれる皮膚のバリア機能に働く成分が

・天然保湿因子のアミノ酸(NMF)
・セラミド
・脂質

の3つになります。

アトピー性皮膚炎や皮膚のトラブルが多い方は皮膚の炎症が落ち着いているときでもこの成分が不足していることが多く、そのため皮膚の炎症をが起こやすくなります。

そして、皮膚の炎症が生じるとさらにバリア機能に働く成分が失われてしまい、皮膚は乾燥や炎症を繰り返し悪循環になってしまいます。


改善方法は炎症が強い場合には信頼できる皮膚科の先生に相談し、きつい炎症を抑えるために抗炎症剤を使用して悪循環を抑えるようにして、適切なスキンケアと、アレルゲンとの接触を減らします。

そして、上記3つの成分の元となる栄養を日々の食事や必要であれば適切なサプリメント等で摂取して、皮膚の内外から同時に改善することが大切です。

改善に大切なことは身体や皮膚の仕組みやアトピーやアレルギーなどの考え方を学ぶことで自分自身で症状をコントロールしやすくなります。身体や皮膚の仕組みを知ると、食べ物、飲み物、肌のケア、睡眠など、日常生活の改善を意識することができます。

体調不良でお困りの方はご相談ください。


症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g


————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる