京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  タンパク質不足で起る肌や髪のトラブル
2020/01/23| カテゴリ:院長 小松原より

タンパク質不足で起る肌や髪のトラブル

キーワード: 分子整合栄養医学 オーソモレキュラー
タンパク質といえば筋肉をイメージする人も多いと思いますが、皮膚や髪の毛もタンパク質が材料でできています。

タンパク質が不足すると皮膚の潤いが維持できなくなってカサカサしたり、痒くなったり、菌に感染しやすくなります。そして、爪も薄く割れやすくなり、髪の毛は枝毛や切れ毛、抜け毛がひどくなります。



肌のハリやツヤ、弾力を維持するコラーゲンもタンパク質を材料に作られているので、食事からのタンパク質が不足すると体内のタンパク質が不足し、コラーゲン自体が減少し肌のハリやツヤ、弾力性は落ちてきます。

また、体を覆う皮膚組織の真皮の材料となっているのもコラーゲンで、コラーゲンにエラスチンというタンパク質が加わり、肌が張りと弾力を維持できるようになります。タンパク質が不足するとエラスチンの量も低下して、シワやたるみができやすくなります。


髪の毛では90%以上がケラチンというタンパク質が材料で髪の毛を作っているのでタンパク質不足は、髪の毛が細くなったり枝毛や切れ毛、抜け毛の原因にもなります。トリートメントをしてもコーティングはできますが髪の毛自体は復活しないので食事やサプリメントからのタンパク質の補給をしながら外からトリートメントをすることが髪の毛の質をよくします。


皮膚や髪の毛のトラブルがきつく、だるさや疲労感、日中の眠気など色々な症状を感じる人は体内のタンパク質が枯渇してる可能性があるので食事の見直しや詳細な血液検査で栄養状態を調べることがおすすめです。

==2/29分子栄養学勉強会 タンパク質が必要なわけ==
体は食べたタンパク質を分解しアミノ酸で吸収され体内で10万種類のたんぱく質に合成し筋肉、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪、酵素やホルモンなどを作り替えて成長しています。「たんぱく質が必要なわけ」をテーマにKYB豊崎クリニックの院長田畑先生からたんぱく質がなぜ大切なのか?どんな働きをしてるのか?をわかりやすく日常の臨床経験を交えながらお話をしていただきます。

症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる