京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  冬は家でのヒートショック(温度差)に注意
2020/01/17| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

冬は家でのヒートショック(温度差)に注意

キーワード: 分子整合栄養医学 オーソモレキュラー
寒い冬はお風呂にゆっくり浸かり身も心も温まるのが楽しみの方も多いと思います。そんな、1日のリラックスタイムで入浴中に突然死する方が、年間一万数千人と交通事故で亡くなる方以上に多くなっています。


これは、ヒートショックといわれる大きな温度変化で血圧が上下に急激に変動することが原因で起こります。脱衣所や浴室では、室温が10度以下になることが多く脱衣所で服を脱ぐと、急激に体の表面の温度が下がり寒冷刺激で血圧が急上昇し、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまいます。

そして、気をつけたいのが心筋梗塞や脳梗塞を起こさなくても、一度急上昇した血圧は、お風呂の温かいお湯につかると血管が拡張し血圧が急激に低下することです。この急激な血圧低下で意識を失い浴槽で溺れて死亡するケースが多いとされています。


==ヒートショックを起こしやすい人==
・高齢者
・高血圧症
・糖尿病
・動脈硬化
・肥満の人
・不整脈がある人
・熱めのお湯が好き
・一番風呂が多い人
・飲酒してから入浴
などが起こしやすい人になります。

また、高齢者の方に多いとされていますが、高血圧に疲労蓄の積が多い、睡眠不足、慢性疲労が重なっている場合は若くても要注意です。

==ヒートショックを予防するには?==
・浴室と脱衣所の暖房をする
・食事直後・飲酒時の入浴をしない
・湯温設定41℃以下に設定
・入浴前後に200ccの水分補給
・血圧が高いときは入浴を控える
・早朝、深夜の入浴避ける


また、ヒートショック入浴時だけでは無く温度差に注意したいので外出時は帽子や手袋、マフラー、カイロなどで防寒対策も意識するようにしましょう。

そして、栄養面では血管の動脈硬化を年相応に維持できるように十分なタンパク質の摂取と血液をサラサラに維持するビタミンEやEPA、少し血栓などが心配になる方はナットウキナーゼなどが対策として有効です。

暖冬とはいえ寒さが厳しくなる季節なので体調管理には十分に注意して楽しい冬を過ごしてください。
症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区で整体施術と分子栄養学を中心に頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善、詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子栄養学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる