京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  冬の温度差で起こるヒートショックに気をつけよう
2020/12/14| カテゴリ:院長 小松原より,分子整合栄養医学

冬の温度差で起こるヒートショックに気をつけよう

キーワード: 分子栄養学,冷え
京都市中京区で整体、カイロの施術と分子栄養学を医科歯科と連携し栄養改善を行っています。今回は冬に気をつけたいヒートショックからの脳梗塞、心筋梗塞をご紹介します。

冬に気をつけたい病気や症状は温度差が引金になることが多く、暖かい場所から冷えた場所へ移動すると寒冷刺激で血管が細くなり(収縮)血圧が上がるヒートショックが起こります。


動脈硬化のある人がヒートショックを繰り返すと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるのでトイレやお風呂など温度差のある場所への移動には気をつけてください。とくに高齢の方で持病のある方はリスクが高くなるので注意が必要です。


とくに下記に当てはまる方は注意が必要です

•脳や心臓に病気を持っている

•動脈硬化がある

•動悸や息切れを感じる

•ストレス状態がきつい

•競技志向でスポーツをしていた

•貧血があるorあった

•過剰労働で疲労困憊

•50才以上

•慢性的な睡眠不足など 

脳梗塞や心筋梗塞を起こすリスクが高くなるので体調と温度の変化には十分に注意してください。最近では高齢者だけではなく働き盛りの30~40代の人にも増えているので油断しないようにしてください。


日常生活で気をつけること

•お風呂やトイレを温める

•水分を十分にとる

•睡眠をしっかりとる

•夜更かしをしない

•体を冷えないようにする

•過剰な緊張を避ける

•タンパク質の多い食事を意識

•ビタミンEやEPAを摂取するなど

日常生活の習慣でも色々と対策はできるので寒さがきつくなる時期に向けて意識してみてください。

ヒートショックを起こさないための予防法
・お風呂場、トイレなど部屋間の温度差をなくす
・食後1時間以上空けてから入浴する
・お酒は飲む場合は入浴後
・浴槽の湯温を高くしすぎない40~41度で
・浴槽から上がるときはゆっくりと

—–動脈硬化指数計算方法—-

動脈硬化を知るには血液検査のコレステロール数値をもとに計算する方法があります。

(総コレステロール ー HDLコレステロール)÷HDLコレステロール

*3.0以上は注意 *4.0以上は危険 

 動脈硬化指数の高い方は血液検査とエコー検査で確認して対策を考えていくのが良いので気になる方はご相談ください。


==12/26分子栄養学 オンライン勉強会 ==
テーマ「医師からみた貧血と栄養」
今回の勉強会では長年、多くの患者さんの貧血や病気の改善に携わってきたKYB豊崎クリニックの田畑先生から医師からみた貧血の正しい理解と改善をテーマにお話をしていただきます。


症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 
https://www.facebook.com/pages/gokomachi

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる