京都 御幸町カイロプラクティック

アクセス

メニュー

御幸町カイロニュース

GOKOMACHI CHIROPRACTIC NEWS

トップページ  »  御幸町カイロニュース  »  免疫力UP!食品から上手にビタミンCをとる調理法
2020/02/29| カテゴリ:スタッフ 平松より,分子整合栄養医学

免疫力UP!食品から上手にビタミンCをとる調理法

キーワード: 分子栄養学
「風邪にはビタミンCが良い」とよくい われますよね^^ ビタミンCは、予防だけでなく風邪を引いた時にもウイルスによって傷ついた細胞を修復して早期回復に役立ちます。

☆他にもこんな効果が期待できます☆

・老化防止 
・美白
・美肌
・ストレス解消
・白内障の予防
・改善
・貧血予防など

1日あたりビタミンCの必要最低限量は100㎎とされていますが、これは生命活動を維持する最低限の量で、免疫を上げたりその他の効果を期待するには1日2,000㎎以上といわれています。個体差や病気症状によって1日2,000mgを摂取する場合は、食事だけでは難しいためサプリメントも無理 なく摂取されることをおすすめします。天然由来でビタミンPも一緒に含まれている方が吸収率が上がります。



ビタミンPはルチンやヘスペリジン、ケルセチンなどをあわせてビタミンPとよびます。ビタミンPもビタミンCと同様にさまざまな効果が期待されています。

・毛細血管の強化
・血流改善
・皮膚のかゆみを抑える
・LDLコレステロールの低下
・抗アレルギー作用
・免疫力アップなど


☆こんな人はVCの消費量が増加!☆

・ストレスが多い
・アルコールをよく飲む
・たばこを吸う
・妊婦
・授乳中
・激しいスポーツをする人など 


 ☆調理法による上手なとり方☆
ビタミンCはとてもデリケートで、調理法・保存法によっても含有量が変わってきます。熱と水に弱く、水洗いのやり過ぎ、長時間水にさらす、加熱調理などで消耗が激しくなります。 野菜をカットしたあと水で洗いすぎるとビタミンが流出するので、野菜はカットする前に洗うことがおすすめです。 

また、細かくカットすると断面が増えて失われ、時間が経つことでも失われるため、市販のカット野菜に頼りすぎないのもポイントです。

 野菜の調理によるビタミンCの損失は平均50~60%といわれ「ゆでる」「煮る」の調理法は失われやすく、「焼く」「炒 める」の方が損失が少なくなり「煮る」調理法でも、塩ゆですると、浸 透圧の関係で流出が抑えられます。 


果物は丸ごと生のまま食べられ通常調理をしなくて済むので、ビタミンCの含有量が減らさずに摂取できますが、糖分が多いので、食べ過ぎ=糖分の摂り過ぎになることも多いので気をつけることや活性酸素により酸化されやすいため、食べる前に切ることがオススメです。 

普段からビタミンCを摂ることで免疫力を高めて、もしも風邪をひいたかな?と思ったら多めにとるようにされてください。普段から食事を気をつけていても、体調を崩やすい人、体調に不安のある人は、 お気軽にご相談下さい。 


症状改善の一歩に「初めて体験&栄養相談」

「はじめて体験&栄養相談」は御幸カイロの施術がどんな感じなのか?栄養面は大丈夫なのか?症状改善するためにどうしたらいいか?など一度、施術を受けてみたい、栄養面の相談をしたいという方におすすめです。

http://www.gokomachi.com/campaign

御幸町カイロLINE@

line://ti/p/@jwv1396g

ID検索→@jwv1369g

————————————————-

<お問合せ・ご相談・施術予約はこちらから>
京都市中京区でオーソモレキュラーを中心とした体調改善をおこなう御幸町カイロプラクティックでは頭痛・肩こり・腰痛・手足のしびれなどの症状改善と詳細なデータから貧血・低血糖・だるさ・疲労感などの不定愁訴を分子整合栄養医学を基にしてオーソモレキュラー栄養療法で改善のお手伝いをしています。ご遠方の方もお気軽にご相談ください。
————————————————-
京都の整体 / 御幸町カイロプラクティック
京都市中京区御幸町御池上ル亀屋町384
TEL 075 – 222 – 6667

http://www.gokomachi.com/ 

—————————————————

閉じる

閉じる

メールでの相談お問い合わせアクセス・営業時間閉じる